代表取締役

TAKUYA OKI

代表である大木卓也は、2004年アテネパラリンピック、視覚障害者自転車競技スプリント銀メダリストでもあり、中学校より自転車競技を開始。
(視覚障害者の先導として二人乗り自転車の前乗りで出場、日本で2人目の健常者パラメダリスト)
現役時代から、首や鎖骨等多くの骨折を経験し、20代半ばより頻発する不定愁訴(突発性頭痛や嘔吐・眩暈など)を患う。
歯科医師である妻と、噛み合わせ調整の研究会にて人が2足歩行をするためには、顎と骨盤の2カ所のバランスが重要ということを知る。
自分自身、妻が研究会の技術をとりいれた治療をした結果、長年患っていた不定愁訴の症状が改善された。骨盤のバランスを整えるためには足裏が重要であることを知り、インソールを研究する。
試行錯誤の結果、オーダーメイドの技術を応用した製品で、骨盤の位置を変えるIRERUDAKEを完成させる。

会社概要

会社名:IRERUDAKE株式会社

代表取締役:大木 拓也

所在地:東京都中央区築地4-4-14
TEL:0120-392-275
FAX:03-6278-7790

日本は65歳以上の人口の割合が全人口の21%を占めている超高齢化社会に突入しています。(2018年現在は27.3%)そして多くの人が体に痛みなどの悩みをもっています。
代表が2012年に茨城県笠間市にて創業し介護用品貸与販売事業から介護の現場に携わってきましたが年月を重ねるにつれ色々な疑問や考えさせられる場面に多く遭遇しました。
そこで私たちは「体の痛みなどがどこからやってくるのか?」をテーマに様々な商品を提供していきます。

© 2019 by IRERUDAKE株式会社 / IRERUDAKE Co., Ltd.

  • Irerudake Facebook
  • IRERUDAKE Instagram
  • IRERUDAKE Twitter
  • IRERUDAKEお客様ビフォアアフター動画